特集 中高生による中高生のためのハッカソン

INNOVATORS' SUMMER

現在お使いのブラウザの設定では、Flash Playerがインストールされていないか、バージョンが古いため、このページを表示することができません。 最新のFlash Playerをダウンロードしてください

中高生による中高生のためのハッカソンINNOVATORS' SUMMER

「ハッカソン?」


ハック(Hack)×マラソン(marathon)の造語で、ある一定の期間にチームごとに技能やアイデアを持ち寄って共同作業を行い、サービス、プログラムやアプリケーション開発などを競うこと。
ソフトウェアの開発者やプログラマー、グラッフィックデザイナーなどが参加するこのハッカソンイベントでは、ハッカソンから企業が誕生することもあるそうです。

そして、参加者を中高生限定で行われたハッカソンがINNOVATORS' SUMMERです。
夏休みの6週間に週1回ずつ集まって、プログラミングやプレゼンテーションを勉強しながら、 このイベントのために集まった中高生を4つのグループ(Team Rebels、inkk、San-no-sa、innovator girls)に分け、WEb・アプリサービスをそれぞれのチームが創りあげて発表しました。
その作品は大人顔負けのよく考えられたものばかり。なかには、女の子だけのチームやプログラミングが初めての参加者もいたというのにはとても驚きます。

それだけじゃない。INNOVATORS' SUMMERのすごいところ

実際のワークショップに向けてここまではプログラミングのイベントやワークショップが増えてきた昨今、ハッカソン自体は企業によって主催されたりしてどんどん普及しているようです。

しかし、INNOVATORS' SUMMERのすごいところはなんと主催者側も中高生なのです。
このハッカソンの主催は、INNOVATORS' SUMMER代表であり、現在中学生である山内奏人君。彼は過去のイベントで知り合った、株式会社飛脚堂代表取締役であり高校生の塙佳憲くんとCoderDojo Kashiwaを主催する高校生、宮島衣瑛くんとともに、ヤフー株式会社、Softbankなどの企業6社をパートナーとしイベントを成功させたのです。

困ったことがあれば、解決できるサービスを自分で作ればいい。

山内奏人君は、プレゼンテーションの中でこのイベントについて語りました。
まわりの中高生に対し限界を感じすぎだなぁと。困ったことがあったら誰かが解決してくれる、不便なものがあっても近いうちにいいものがでてくると受け身になってしまっている。
問題はそこにあって、だったら自分で変えてみようと立ち上がる人がなかなかいない。山内君はそれを変えたいと思いこのイベントを企画されたそうです。

先日、安倍総理大臣によって、コンピューターのプログラミング教育を小中学校で必修科目にすると提言されたことでも、ますます注目されるプログラミング教育。
INNOVATORS' SUMMERはその先をいく中高生による中高生のためのハッカソンイベント。
この夏は、東京だけでなく他の地域でも開催されるそう。
お近くで開催されたら是非参加してみてください。

▼INNOVATORS' SUMMER Facebookで最新情報をチェック!

INNOVATORS' SUMMER Facebook
https://www.facebook.com/innosum/

ページの先頭へ
プレジデントFamily最新号発売中