四天王寺学園中学校

学校生活、教育内容そして施設について

現在お使いのブラウザの設定では、Flash Playerがインストールされていないか、バージョンが古いため、このページを表示することができません。 最新のFlash Playerをダウンロードしてください

ちょっとアピール

「和をもって貴しとなす」 新たな歴史を、共に創ろう。

異なる文化の対峙・対立、いわゆる文明の衝突の回避を要請する時代だからこそ、日本が古来より大切にしてきた、誠実さや礼儀を重んじ、各々の生き方や考え方を尊重しながら、社会や人間相互の調和を目指し、新しい価値を創造していく力が求められているのです。四天王寺学園中学校は、建学の祖、聖徳太子が掲げた「和の精神」を礎に、長く紡いできた伝統と教育力を継承しながら、「進化と変貌」をコンセプトに、新たに誕生する男女共学の中学校です。一人ひとりの個性を伸ばす教育。自ら学び、考え、行動できる主体性を培う教育。個性伸長と自主創造によって、平和な社会の形成に貢献する、教養豊かな日本のリーダーを育成します。

校長先生からのご挨拶

生徒の自立性を育てる
壇上慎二校長先生平成26年に学校法人四天王寺学園に新しく開校いたしました四天王寺学園中学校も、今年で3年目を迎えました。中学1年生から3年生までの生徒がそろい、ますます賑やかに、活気あふれる学校となっています。

本校は聖徳太子の和の精神を礎とし、「日本のリーダーとして活躍できる強い精神力の育成」「規律正しく、厳しさを備えた人格の形成」「将来希望する世界に力強く雄飛しうる学力の養成」を教育方針として掲げております。
精神力・人格・学力。この3つを鍛えるためには、人は自律的でなければなりません。自ら求め、自ら学ぶ姿勢。自ら目標を設定して、その達成のために自主的に行動する力。あらゆるものに興味を持ち、自ら活動の場を広げていく好奇心と向上心。私たちはそういう精神を持った人間を育てたいと考えています。
日々の授業はもとより、学校行事、生徒会活動、クラブ活動、放課後個別学習、手帳教育など、あらゆる機会を通して、生徒の皆さんの自律性を引き出すよう、取り組んでまいります。その結果として、生徒の皆さんが将来いろいろな世界で活躍できる力が身につくと確信しています。

平成29年4月には、四天王寺学園高等学校が開校いたします。中学校の教育内容の充実と併せ、より高いステージを目指して、教職員一同、保護者の皆様とも協力しながら進んでいく所存でございます。   

合掌

四天王寺学園中学校校長 檀上 慎二

平成29年4月、四天王寺学園高等学校(設置認可申請中)、誕生。

緑が映えるグラウンド、電子黒板など最新の教育設備を備え、平成29年4月、男女共学の進学校として四天王寺学園高等学校が開校します。
本校は、聖徳太子の和の精神を礎にした仏教教育、探究型の授業や放課後の個別指導を通して、確かな学力と豊かな人間性を備えた、日本のリーダーを育てます。とりわけ「宇宙」をテーマにした学びが本校の特徴です。宇宙は未知なるものへの好奇心の宝庫であり、科学的手法を身につける格好の舞台です。宇宙を学ぶことが地球を知り、人間を知り、私たちの社会、環境、経済を知ることと密接につながります。さあ、ともに学びの旅に飛び立ちましょう。

  • コース
  • (平成29年度) 探究コース 15名×1クラス (高校より募集)
  •            
  • 学究コース 35名×5クラス (高校より募集)
  •            
  • 考究コース 20名×1クラス (中高6ヵ年)
  • 開校時期平成29(2017)年4月
  • 生徒数各学年 210名
  •            
  • 総生徒数630名を予定 男女共学

所在地

〒583-0026大阪府藤井寺市春日丘3-1-78

メールアドレス

sgjh@shitennoji.ac.jp

学校のWEBサイト

http://www.shitennoji.ac.jp/sgjh

電話番号

072-937-2855 (9:00~16:20)

ページの先頭へ
プレジデントFamily最新号発売中